YokohamaYK2000AR2000VV


 横浜のY.Kさん所有のAR2000VVの紹介です。
 ちなみに(?)、「横浜のY.Kさん」については、同じく所有されている1987年製のAR300CSの方に詳しい文面がありますので、どうぞ御参考に〜。(意味不明)

 ってことで、関係する部分のみ再掲しておきます:
・特徴はあまりないですが、強いてあげればAR300は重量が3.8kgと比較的軽い個体である事、中年おやじの肩にとってはありがたい。AR2000はフジゲンカスタムハウスさんでトライサウンドSWをつけたことぐらいでしょうか、こちらも軽い3.5kg等です。
・ARの大家に対し、失礼を承知でサイズ等、両者の違いを簡単に書きます
@全長97.0mm、全幅244mm(肩の部分)、全幅340mm(お尻の部分)
 以上はAR300、AR2000とも同じです。
Aヘッドは5mm、ボディーは10mm、AR300より薄いのが違いで、特にストラップを掛けての感触は、HASENOBUさんもご存知だと思うのですが、かなり違いますよね。確か、AR300REがAR2000のボディーと同じ規格だったのではないでしょうか。(違っていましたら失礼。)
B蛇足ながら、ARとGibsonその他のレスポールとの外寸を比較した場合、Gibson、Orville(フジゲン製)、Grecoは全長はARより5mm(カスタム)程度長く、肩とお尻の部分は10mm程狭いです。Grecoは(これもカスタムで測定)お尻の部分が5mm狭く、完全にGibsonの外形をトレースしていないようです。(提訴を恐れたのか?)

 ということで(?)、それでは送っていただいた画像を、どうぞ〜。







で、おまけの画像として送ってくださった1987年製AR300CSとの比較写真:




(ここまで2009年11月13日)
「Our AR Guitars」のリストに戻る inserted by FC2 system