Ibanez AR300CS


 時々、「一体、ギター、何本、お持ちなのですか?」と尋ねられるのだが、実は、そのたびに「さぁ〜...? 何本かなぁ〜?」と、答えを濁す私である...。

 そうすると、相手によっては「もったいぶらずに教えてくださいよぉ〜。」などと応じられたりもするのだが、ごめん、そういうことじゃなくって。(笑) 私が、知らないのである...。(爆)

 一応、ここのページは私の所有するギター(類)を掲載しているのではあるけれども、未登録のものが、う〜ん、20本以上あるんじゃないかなぁ...。

 ってことで、購入時期と関係のない順番ではあるが、思い立った時に作業しないと、他に誰もしてくれない(爆)んで、ここに取り敢えず追加。
 
 この1996年製の AR300CS、毎度のことながらヤフーオークションでの入手。落札価格は、う〜ん、不明。ま、ジャパンネットバンクの取引を確認すれば正確に分かると思うけれど、二桁までは行っていなかったと思う。

 このギターは、一応書いておくと(?)、1990年代半ば頃にIbanezが過去のモデルの再発売をした時のモデル。勝手に大きく分けると、ARの歴史は1970年代半ば辺りの、いわゆる「ナンバードモデル」の頃の「黎明期」、そして1980年前後の国内販売開始の「初期型」、1983年の若干の仕様変更を受けた「熟成期」、そして1980年代半ば過ぎに製作が富士弦楽器ではなくなった「後期」、そして1990年代に入って姿を消し、(このギターのように)ごく限られたモデルが出された「再発期」、そうして2000年以降にAR2000やAR3000などの追加に加え、シンプルな回路のものをメインとした「リイシュー期」に分かれる。(って、今、勝手に書きました。(爆))

 で、個人的には「熟成期」までのARに興味があるんだけど、「再発期」のARにはこれまで縁がなく、1本、手に入れたいなぁ〜、ということで、ついつい買ってしまったという次第である。

 では、お約束(?)の出品者さんの商品説明、ついでにQ&Aコーナーのやり取りの再掲:

---以下、再掲---
Ibanez AR300 CS

1996年製のリイシュー版の AR300CS です。
動作OK。今でも現役バリバリの音ですが弾く機会がないので出品します。

PUはハイパワーの Super58 を2基搭載、勿論トライサウンドスイッチも各PU個別に働き骨太なハムサウンドから繊細なシングルサウンドまで切換え可能で多彩な音作りが容易です。

大切に使っていましたが、傷・使用感等見受けられるプレイヤーズコンディションです。ボディバインディングに剥がれが見受けられます。金属パーツにくすみ、劣化が見受けられます。

専用ハードケースに入れて、パッキンを巻いての配送になります。場所・時間限られますが、手渡しも東京近辺であれば不可能ではないです。

尚、本製品は中古品に付き基本的にノークレーム、ノーリターンでお願い致します。発送はヤマトの着払いを予定しています。


質問1 投稿者:mak***** 8月 10日 19時 35分
質問です。@バインディングに剥がれがあるとの事ですが、場所と程度。Aネック・トラスロッド・フレットの状態。Bシリアルナンバー。以上、回答の程よろしくお願いします。

回答 8月 12日 0時 48分
ご質問ありがとうございます。バインディングですが、2個目の写真の場所が一番個人的には気になります。それ以外は、生活傷程度です。ネック・トラスロッド・フレットは完全に私の主観になってしまいますが、問題ありません。シリアルナンバーはH960013です。
---以上、再掲---

 で、画像は以下の通り:




 ちなみに到着後、検品したところ、う〜ん、ま、フレットが思いっきりくすんでいるということで、「あ〜、手入れしなきゃいけないな〜。」と思い、それっきり。(爆)
 コンディションはそこそこ。そしてトップのメイプルは、非常にプレーンなもの。<ま、これは分かっていたけど。ってことで、まだアンプにも繋いでないんだけど(笑)、ま、出品者さんの言うとおり、ちゃんと鳴ると思う。(笑)
(ここまで2010年12月19日)
コレクションのページのトップへ戻る inserted by FC2 system