IBANEZ RS




 さて、つい先日、IBANEZのRSシリーズのギターを手放したばかりであるが、何とまた同じシリーズのギターを入手した...。(爆)
 
 う〜ん、自分でも、何をしてるんだか、という気がするんだけれど(笑)、ま、とにかく、この年代(80年代前半の)IBANEZは、うん、ARに限らずいい造りをしているし、この前のルカサーモデルを弾いてみてもかなりの好印象を持ったからということで今回の購入ということである。

 「だったらルカサーモデルを売り払わずにいたら良かっただろうに?」と思われるかもしれないけれど、特にルカサーモデルでなくってもRSであれば良かった訳で...。(それに、やはり「熱烈に所望している人」の手元にあった方がルカサーモデルだって幸せだろうし。) で、ヤフーオークションで時折、古いRSシリーズのギターが出ていることを知っていた私は、ルカサーモデルを発送してからチェックしていたんだけれど、小型アンプ付きで手ごろな価格のこのギターが出ているのを見て、希望落札価格であっさりと購入したって訳だ。

 出品時の説明ではネックに若干の傷があったり、コントロール関係でも少し「ガリ」が出たりということだったが、実際に届いたギター、確かに傷(塗料の剥がれなど)はあるものの、なかなかの美品で、接点復活剤を使ったらガリも消えたし、使用には問題なさそうである。
 ちなみにフィニッシュは「FR」。つまり「Fire Red」ということで、う〜ん、「深紅」って感じというか、暗く輝く赤というか。(意味不明)

 コントロールは1vol&1Toneというシンプルなものだが、リアのピックアップのみトーンポットのプッシュによりコイルタップできるようになっている。(いわゆるIBANEZの「デュオサウンド」なのかもしれない。)
 
 ま、とにかく非常に気軽に弾ける練習用ギターが1本増えましたとさ。(意味不明)
 あ、ちなみにオークションの出品者の説明は以下の通り:
 IBANEZのギターとYAMAHAのアンプのセットです。ギターの状態は,ペグのネジが一本取れており,アームが欠品しております。ネックに傷もあります。音は綺麗に鳴るのですが,インプットジャックに多少のガリがあります。アンプの方は状態良好です。ノークレーム,ノーリターンでよろしくお願い致します。
 
  なお、画像としてはこの一つ前のオークションでのものを勝手に流用。(爆)
 


(ここまで2003年12月30日)

 何だか上の画像だとかなり暗く見え、まるで「殺人現場に残った大量の血液で塗ってみました〜!」というような感じさえするんで、へたくそながら私がデジタルカメラで撮影したものを1枚追加しておきたい。


(ここまで2004年01月07日)

 さてさて、入手したものの、モデル名など一切不明という哀れなギターだ。人間で言えば記憶喪失になった青年を家に連れて帰ったようなものだ。(意味不明) もっと言うなら、身元不明の溺死体が自宅に横たわっているようなものだ。(荒唐無稽)

 ま、正確なモデル名が何であろうとロードスターシリーズであるのは間違いないし、弾きやすさや音に違いが出てくるわけでもないのだが、やっぱり所有者としては気になるところだ。
 そこで知り合いの人に頼んで調査の手伝いをしてもらったりしたのだが、なかなか、「まさしくこれだ!」というような情報が得られない...。私の手持ちの資料にも、これとかなり似ているけれどもコントロールノブの数が違ったり、ヘッドにロックするための金具(正式名称、登録商標は「トップロック」)がついていたりして、なかなか同じものが見つからない...。
 
 ネックとボディのジョイント部のプレートには「A840378」というシリアルナンバーが刻印されていて、これは1984年の1月製造・出荷予定の378番目のギターということである訳だけれど、1983年のカタログにも、そして1984年のカタログにも掲載されていない...。>いや、カラーも同じで似ているものはあるんだけれど、上述のように、微妙に異なっていて。
 
 う〜む...。まさかとは思うけれど、もしかして輸出仕様...?(笑) ま、年代を考えるとちょっと遅いけれども、当時のイバニーズは国内における評価よりも海外での評価が高かったというのは否定しようのない事実であるし...。しかし、すでに83年の時点でRSは正式に国内マーケットにも販売されていた訳だし...。

 などと何とも釈然としない(笑)気分が続いていたのだが、ふと、「あ、そう言えば去年の秋に古いギター雑誌を何冊か買ったっけ...。あれには載っていないかなぁ...?」と思い、書庫の奥に詰め込まれっぱなしになっていた本を数冊引っ張り出したところ、広告に出ていた...。(爆)

 いや、ルカサーモデルが大々的に広告に出ていたのは覚えていたけれど、その何種類かある(RS1010SLの)広告の中に、ひっそりと、あっさりと掲載されていたのだった...。

 で、判明した仕様などを記しておくと:
モデル名:RS450
ナット:グラファイト
ピックアップ:スーパーチャージャー×2
ボディ:ベースウッド
ネック:メイプル1ピース
フィンガーボード:ローズウッド
ハードウェア:ゴールド
マシンヘッド:スムースチューナーミニII
フレット:22
ブリッジ:ハードロッカー・プロ
ノブ:シュアグリップ・ブラス
コントロール:1ボリューム、1トーン、1トグルSW、デュオサウンド(リアピックアップのみ)
フィニッシュ:ポーラー・ホワイト(PW)、ファイヤー・レッド(FR)、メタリック・ブルー(MB)
プライス:本体¥65,000、ハードケース¥10,000、バッグ¥9,000

 以上、Guitar Magazine誌の1984年2月号に掲載されていた広告から、でした〜。
ちなみに、どうでもいいことだけど、同じ年の秋には仕様が変更されて、モデル名、価格はそのままで、トップ材はバーチ、トレモロユニットはトップロック付きのプロロッカー、そしてコントロールノブもゴールドのテックグリップというのに変わってしまう。さらにどうでもいいことだけれど(笑)、欠品であるトレモロアームは、ユニットはゴールドだけれども黒である。(ま、これはRS1010SLもそうだったけれど。)

 とまあ、やっと身元が分かったということで仏さんも浮かばれることだろう。(しつこい...。)
(ここまで2004年01月24日)
コレクションのページへ戻る inserted by FC2 system